月別アーカイブ: 2015年6月

|受験料3万5千円(一回)。

受験料3万5千円(一回)。
やれやれ。

一週間高松のホテルに泊まり込み、受け続けた。
「できたか?」
「微妙・・・」
そんな返事の繰り返し。
「気楽にやればいい・・・」
父はその程度しか言ってやれない。

連休で帰ると、娘は後期入試に向けて勉強中。
すっかり諦めている。
「浪人はしたくない・・・」という娘に「浪人も楽しいぞ・・・」と父。今度秀和松涛レジデンスに引っ越します。

「とにかく、結果はどちらでもメールくれよ・・・」と言い置いて、今朝。

「受かってた・・・」のメール。
取り敢えず、浪人は免れた。
早速、DSを買いに行ったという。
やれやれ、大学生だろうに・・・。

兎にも角にも一安心。
これも、太宰府天満宮のお陰か・・・。
土曜日から、また宮崎に出張に行く。
帰りに、お礼参りでもしておこうか・・・。

枕替えたいなー。  ヨメがこんなであれなので

枕替えたいなー。

 ヨメがこんなであれなので、帰宅後の相方くんはピィで癒されております。ごっつかわいいらしいですよ。

「そりゃ他の人にとったら自分の子が一番かわいいんだろうけど、ピィはどうなんやろ? 他の人もかわいいと思うかしら? かわいいと思うんだけど。」

 前置きがつくようになった分、相方くんは成長したと思うのです。

■今日のでーらかわええってさ■—–
「しかしさー、そんなにワシに似てる?」
「似てるよ。わかんない?」
「わかりません。」
「起きてる時のデフォ顔、ニコニコしている時は丸っちょいからちょっとわかりにくいかもしれんけどさ、寝るとニョンと微妙に楕円形になるの。


http://www.kirameki-asset.jp/realestate/31502


そうするとより似てる。夜中同じ顔がこっち向いてるねんもん。」
 納得できないそうです。

<本日の真実>
 ヨウチエンで人形劇「七匹のこやぎ」を見たそうです。
「へー。狼、どないなった?」
「かわに おとされて しんだー。」
「石詰められてた?」
「いし おなかに つめられてた。でも ほんとは しんぶんし。」
 おっ、オトナの発言。

|帰りはもちろん地下鉄に乗って帰ります。

帰りはもちろん地下鉄に乗って帰ります。さっきまで見ていた新型3000系だね。これは運転席が開放型で、線路とか眺めやすいんだよね〜。
「あれ? ここ座れるの?」
 最後尾の車両にはもちろん運転手さんがいません・・・が、運転席のところに入れるようになってる〜。
 大事な計器のところはでっかいフタがしてあって触れないようにしてあります。しかし運転席のところは立ち入り禁止の札も何もなし!
「・・・特等席やん。」
「ピィ、座ってみる?」
 残念ながらつめても2人しか座れません。
「ほな、相方くんお願いねー。」
「うわー、得したな、ピィ。」
 さっさと座ってたピィは、もう目の前を見つめるのみですよ。
「ほな、おとーちゃんも。


大島七丁目の賃貸物件一覧



「だめです!! すわらないでください!! ぴぃだけです!!」

 そのまま、ずーーーーーっと独占状態。

 あのチチ大好きっ子が珍しいほどに完全拒否。
 相方くんは側にずっと立ってました。

 初めて露わになるピィの欲望。いろんな経験をさせるものだなあと思いつつ、来週の新幹線イベントがちょっと怖い。

■今日の隠れた欲望■——–
 進行方向と逆を見つめてて酔わないのかなあ<そういうのに弱いあたし。
 工場系が好きなあたしも楽しみました。新しい路線は基地もピカピカ。車両は当たり前に3000系しかなかったけどさー。ちなみに見学ツアーは満員で行けませんでした。甘かったあたし達。。

引っ越しの準備時間が全然足りません。

一昨日の新子安グレコのライブ「みゆきちゃんジャズナイト」は満員となり、演奏もうまくいって、お客様にも満足いただけてとても素敵なひと時となりました。
皆様ありがとうございました。
今回レパートリーにカーペンターズが2曲ありましたが、Voみゆきちゃんにぴったりで、お世辞抜きで日本人でこれほどカーペンターズが合う女性Voは初めてです。感動しました。
この次は8月3日土曜日です。楽しみです。

さて、そんな盛り上がったライブでたった一つ残念なことがありました。
それは、ピアノの調律がA=443Hzの設定だったことです。
マスターの話だと、最近調律が入ったようで、調律士がピアノのヘビーユーズでのピッチ落ちを避けるため高めに設定したとのこと。
これが困るんです・・・。
小生のフルートのセットアップはA=442Hzが限界なのです。
ムラマツのボディにパウエルの頭部管なのですが、どういうわけかそうなのです。
で、録音聞いたら、残念・・・、ピッチが低くて間抜けな演奏です。
443Hzは最近コンサートホールやスタジオなんかで採用されていると噂では知っていましたが、初めての経験で、チューニングさえ合えば適度な緊張感で良いのですが、楽器がついてゆけない・・・。
オリジナルのムラマツの頭部管はたぶん出せるので、この次はそれを持ってゆこう。
しかし世の中どんどん変わってゆきますねえ。
で、本日から頭部管を変えても演奏できるよう、2本のフルートを交互に使って練習することとしました。
フルート2本、ギター3本、加えて時々サックス、時々ベースで、持ち替えてると帰宅してからの時間が全然足りません。
なんとかせねば。

友達が引っ越ししたいと言うので、一緒に調べていたら、素敵なサイトを見つかりましたので、皆さんにも共有をします。
サイトはこちらです。
WEBSITEです。

コレコレパンダ・・・・

日曜の朝

マメが起きたのが7時で
じゃ朝ごはんに降りようかと
布団を畳んでいた
一階で義父の叫ぶ声とガっシャンと何かがぶつかる音

叫び声は

「朝からバタバタうるせぇぇぇ」

ってもんで
布団を畳んでる間

マメは布団の周りをドスドス歩いていた

二歳の足音って確かにうるさいです

静かにね とか ジャンプしないでね とか  
走らないでね とは言ってきたが

歩かないで と注意したことは確かになかった

パンダは即座に下に降りたものの

トイレ だったようで

また上に戻ってきたので

義父は?と尋ねると

なんかワァワァ言ってるけど気にしなくていいよ

と気楽なもんだ

ミクロが布団を畳んで降りたらもぉいないわけで
義母に

「朝からすいませんでした」と謝ると

マメの足音って響くのよぉ と・・・

そしたらパンダはパンダで

だったら煩いからマメが起きる前に起きて
外の散歩でも行って
オヤジが起きるまで帰ってくるなって言ってよ

と、言う

コレコレパンダ・・・・

あぁ・・・ もぉ・・・

義父は物音で起こされたのが気に入らなかったらしく
椅子を蹴り上げて流血して
それにも怒って出かけて行った


こっちもパンダが温泉に行こうなんて呑気に言う

まぁ気晴らしなのもわかりますが・・

で千葉の温泉行って自宅のコープ野村亀戸に帰宅したのが22時でも
義父は帰ってなかった

朝にはいたんだけど

普通に「おはよー」なんて言って
逃げるように出て行った

義母は義母で
昨日の間にパンダにお菓子なんかを買っていたわけで

部屋にこそっと置いてある

なんだか不思議だし 
よくわからん