猫を迷子にしてしまいました。

先週金曜日に、里親が決まりお迎えに行った猫を迷子にしてしまいました。

8月末に、お嬢さんが保護した子猫が、我が家の前で、脱走
1週間後、餌付けして私が捕獲機で、保護して知人宅にお預け

その間、お嬢さんが知人宅の保護猫と合わせてフード支援と2匹の不妊手術

一緒に育った2匹の里親さんが、やっと見つかり楽しみに、2匹分の色々な物をそろえて下さり、お迎えに。

2匹一緒がいいだろうと、大きなケージを玄関前に置きチャイムを鳴らして、荷物を取りに車に

その間、預かり先の知人が、顔を出しお嬢さんのママに
『ちょっと待ってて』と顔をだし、引っ込んだ。

次に出て来た時は、お子さんと知人が1匹ずつ猫を抱いて出て来た。
『あっ、大丈夫かな?抱くほどに慣れてるの?』
と瞬間思い浮かんだけど、言えなかった。

ケージに入れようとした瞬間、1匹腕からすり抜けて逃げてしまった。

もう1匹も、逃げ出そうとして、それは、私が手で抑え込んだ。

逃げた猫を、お子さん達が追いかけてしまった。
先週金曜日から、行方不明

最初に保護したお嬢さんのママも、一緒に行って、彼女も初対面だったので
それで、大丈夫?家の中で~と一言が、言えなかった。

預かり先のママも、3か月育てた猫達と別れるのが辛いから、抱いて行くという子供の声に、言えなかったのだと思う

その一言が、大人の私達が言えていたら、寒空に逃げ出して猫も私達も辛い思いをせずに済んだ

里親さんになる方にも1匹だけ渡し、1ヶ月待っていただくことをお願いして、
預かり先には、毎日、探し回って頂いています。

地域猫の団体さんから、3台の捕獲機をお借りして家の周辺に設置
万が一、野良猫が入った場合は、保護して不妊手術してから放す事になりました。

時間が戻せたらと悔やんでも悔やんでも、不安な気持ちで隠れてる子猫アナが、心配です。
お子さんの心も心配です。
大人が3人いたのに

何時ものように、『家の中で、移して~』と何故言えなかったのか~
次回からは、うるさいお節介おばさんになっても、人でも動物でも命に関わることは、勇気を出して口に出そうと決めました。

この間、餌やりをして増えてしまった個人宅の猫の不妊手術2軒、5匹のお手伝いをしました。

可愛いからと餌やりをするのではなく、責任を持って頂き、
次に誕生してくる不幸な猫達が1代限りで終わるお手伝いが出来たら良いなーと思ってます。

アナが、時間がかかっても無事に帰宅することを願って

いい不動産屋さんのご紹介します。
メゾン・ド・ヴィレ麻布台がオススメです。
URL はこちら