何と贅沢なことか。

堪えに堪えていたが、どうにも辛抱たまらなくなり一気に堰を切ってしまった……そんな雨の降り方だった。多少涼しくなったのはよかったが、半日生乾きの服で仕事に勤しむのには、辛いものがあった。
本日の業務量は少なかった上に、私一人の作業だったので、慌てず騒がずうろたえず、明鏡止水の境地で仕事に取り組むことができた。
だからといって、ミスなく作業できたか否かはまた別の問題なのだが……。

16時に仕事を終え、帰路に着く。
雨はまだ降っており、止んだと思えば降り出し、降り出したと思えば止み、まるでジイさんの小便のようだった。
この時間の電車は流石に空いており、余裕のヨっちゃんで座ることができた。
途中からラグビー部の主将みたいなごつい男が隣に座り、私のテリトリーを領空侵犯してきたため、居心地が悪くなる。(お尻は何とか収まっているが、肩幅が明らかに一人分の座席面積をオーバーしているのだ)
立とうかどうしようか迷っているうちに駅に着く。

帰宅後、風呂を沸かして入る。この時間に風呂に入れるとは、何と贅沢なことか。
よい心持ちになっていると、学童から息子が帰ってきた。

渋谷の賃貸で分譲マンションに関する疑問を持っている方はぜひこのサイトをご覧になってください。
詳細はURL
渋谷の賃貸物件や分譲マンションなどの物件数がすごく豊富で、お勧めです。